古本の買取業者の見つけ方。書籍ジャンルごとに、いい買取業者を選ぶ方法を提案します。

買取コラム

この記事では、本(書籍や漫画)の買取業者の見つけ方の解説をします。
本の定価は500円から数千円のものまでありますが、書籍によってあっている買取業者を見つけないと、
二束三文の買取になりかねません。
もし貴方が古本の買取業者を探しているということであれば、この記事は参考になる事も多いので、
まず、この記事を見て頂いて、買取業者を選びましょう。

まず大事なことは、貴方が「どんな本を売りたいのか?」という事です。

・漫画を売りたい
・小説や実用書や新書を売りたい
・専門書を売りたい
・教科書や参考書を売りたい
・古書を売りたい
・百科事典を売りたい

等など、「本を売りたい」という希望があったとしても、その内容は様々になります。
古書を売りたいと思っているのに、漫画に力を入れている古本屋さんに持ち込んでも買取金額は高くなりません。
まずは、あなたが持っている売りたい書籍が何なのか?そちらを確認して、それぞれの状況でベストの売り方を解説・提案します。

漫画を売りたい場合の買取業者の選び方

漫画を売りたい場合、気を付けるべきことは、漫画をバラバラで売ると安くなるという事です。
漫画はセットで読みたいという需要が多いため、セット売りが単価も高くなりやすく、人気ができます。
また業者によっては、人気の新しいコミックについては買取価格が載っていることもあるので、
そういった情報を参考にして業者を決めるのもありです。
また、コミックの人気は基本的に少年コミック>少女コミック、という事がいわれています。
貴方が売りたい漫画が少女コミックの場合は、少年コミックより安くなりやすいという事を認識してください。

数によっては、メルカリなどの利用もあり

大量に漫画がある場合はメルカリなどのアプリで売ると、時間がかかります。
時間がかかってもいい場合は、メルカリの利用が金額として一番高くなりますが、時間がかかります。
業者の場合は、HPの情報などを参考にして業者を決めてください。

漫画を売るのは古書を専門にしている業者を選ばない

古書などを扱う古本屋さんに漫画を買取依頼しても買取を受け付けてくれない場合や、
非常に安い買取金額になる事があります。
古本屋さんは基本的に専門の分野を持っているお店が多く、特に古書などの取り扱いを専門的にしている古本屋さんは、
漫画などの商材を嫌がる傾向があります。買取を依頼する場合は、その店舗の専門性を意識した商品を依頼する事をお勧めします。

小説や実用書や新書を売りたい場合の買取業者の選び方

漫画とともに、近年の電子書籍の影響を受けているのが、小説などのジャンルです。
比較的娯楽的な書籍の部類は電子書籍での読書をする方が増えています。
貴方が売りたい書籍が小説や実用書の場合は、よほどの人気がある商品、または新しい商品以外の場合は、
価格が付かない可能性が高い事も認識しておく必要があります。

売りたい小説や実用書や新書の相場観を知るには

売りたい書籍の相場を知るには、Amazonで書籍のページを検索してみるといいと思います。
中古での相場がいくらになっているかを確認すると、買取をした場合の金額もある程度わかってきます。
中古相場がアマゾンで1円になっている商品を100円で買取してくれる買取店舗はありません。
もし、あなたの売りたいと思っている書籍が全て1円だった場合、書籍を売りに行く労力と、全部0円になる可能性を意識して、
書籍を買取に出す必要があります。

相場がある程度わかった場合の買取業者の選び方

相場を調べても、そこそこの金額が付いている書籍が多かった場合は、買取をしてくれる業者を選定していきます。
この場合、ネットでオンラインの査定をしてくれる業者を選ぶことも想定してください。
オンライン査定は、基本的にアマゾンの販売額に査定の為の係数を掛けた金額になっていることが多く、
ご自身で調べたアマゾンの相場観にある程度紐づいた買取金額がつくことが多いはずです。

稀にある、高く売れる小説とは?

上記、相場に依存した買取金額の説明でしたが、まれに高く売れる小説があります。
それは、初版・帯付きの商品です。
人気で大量に出版されている小説でも、初版で帯付きになるとコレクター商品の属性を持ちます。
貴方が小説を売りたい場合、小説の末尾にあるページで、初版かどうかを確認する事もいいかもしれません。
もし初版であった場合は、ヤフオクなどで自分で販売する、または初版であることに価値を見出してくれる古本屋さんを探す、
といった方法をお勧めします。

教科書や参考書や専門書を売りたい場合の買取業者の選び方

専門書を売りたい場合、専門書を得意とした買取店を探す必要があります。
探し方はかなり簡単、専門書の書籍の出版社と買取のキーワードで店舗を探す方法です。
この場合、検索結果に出てくる買取店は、そのジャンルの書籍の買取に力を入れている店舗、といえ買取金額も高くなりやすくなります。

古い参考書には価値がある?

意外に思われるかもしれませんが、古い参考書には価値があります。
例えば、大学受験の定番の赤本。過去の試験内容を網羅したものですが、年度ごとの出版となっています。
過去問をこなしていくのは受験勉強の定番ですが、近年の試験問題ではなくかなり古い問題も解いてみるという需要もあり、
古ければ古いほど、また大学が難しければ難しいほど中古赤本のレア度は高くなります。
もし、古い赤本をお持ちで、その赤本が難関大学の場合は、中古書籍としての価値が高くなる可能性があります。

教科書や参考書や専門書にありがちな書き込みは?

専門書や参考書には、書き込みなどをしている場合があります。買取店舗に依りますが、査定がさがるものの書き込みがあっても買取してくれる店舗もありますし、書き込みがある場合は査定が0円になってします店舗もあります。それについては、しっかり確認して買取依頼をしましょう。

時間に余裕があれば、最初に全部を送らず一部を送り様子を見るのもあり

引越しなどで一気に片づけをする必要がある場合は別として、時間に余裕があるのであれば、一気に書籍をおくるより、まずは一部の書籍を送り査定に納得できるかどうかを確認するのもありです。その場合、複数の店舗に買取依頼を出すのも方法としてはあり得ますが、本の場合、最終的に販売する先はアマゾンなどのサイトになるので、専門書をに強い店舗ごとで大きな買取金額に差がつきにくいということもあり、手間がかかる割には買取金額に差がつきにくい可能性もあります。

古書を売りたい場合の買取業者の選び方

古書を売りたいときの業者の選び方は、まずHPのデザインを確認してください。
古書を専門とした業者の場合、渋い色合いのHpデザインを好みます。
また、骨董品や巻物、古い雑貨類の買取もできると書いている業者はかなり古書の部類にも強い業者である可能性があります。
HPを確認してしっかり業者を確認するようにしてください。

百科事典を売りたい場合の買取業者の選び方

百科事典は買取をできない業者がほとんどです。
それは、なぜでしょうか?
百科事典が販売されていた時代はインターネットも無い時代で、分からないことがあれば、家にある百科事典で調べなくてはいけませんでした。
今はネットで笹ッと調べられることも、当時は大事だったんですね。今では、そういう状況の変化もあり、百科事典の必要性が薄まり、需要も無く、基本的には中古で売れることがない商品という状況です。

百科事典に需要はないが、全集はジャンルによっては需要あり

パッと見で、百科事典に似ているもので、全集などがあります。全集は小説や哲学書、歴史書など、様々な物がありますが、中古で高くなりやすいジャンルは、宗教・歴史・実用関連の全集です。小説家の全集は、大量に出版されている物も多く中古相場は下がってしまいますので、家に全集がある場合は内容をしっかりチェックしてみて下さい。

関連記事

古本の買取サービスを全国対応通信買取5社&大阪10社を徹底比較!【古書買取・専門書買取・出張買取の情報も】

引越しや大掃除時の買取サービス・メルカリの活用方法は?売れる不用品の見分け方もご紹介!

記事作成日:2022年10月31日
記事更新日:2022年11月29日

関連記事

特集記事

ランキング

  1. 1

    ブックオフの買取サービスについてのレビュー情報・お薦めの利用方法などまとめ

  2. 2

    ワンピーストレカ(ONE PIECEカードゲーム)買取のおすすめ3店舗情報と、ワンピーストレカの人気について

  3. 3

    【下取りor買取?】iPhone買取とキャリア下取りを徹底比較!買取サービス5社をご紹介!

  4. 4

    【ぬいぐるみの買取と処分の方法徹底解説】「10万円以上!高く売れる『ぬいぐるみ』」や場所取る「ぬいぐるみ」大掃除に役立つティップスをご紹介

  5. 5

    不用品をお金に変えるアプリ!変わり種「買取アプリ」お勧め5と、自分で不用品をお金にできる定番フリマアプリ4つをご紹介

  6. 6

    【保存版】世の中にある買取サービス一覧表【随時更新】

  7. 7

    セリーヌの人気商品(ラゲージ ナノショッパー)買取価格7社を比較【2022年9月更新】

  8. 8

    古本の買取業者の見つけ方。書籍ジャンルごとに、いい買取業者を選ぶ方法を提案します。

  9. 9

    おもちゃ買取サービス16社をご紹介!【トミカ・ラジコン・フィギュア・プラモデル・ドール etc】

  10. 10

    古本の買取サービスを全国対応通信買取5社&大阪10社を徹底比較!【古書買取・専門書買取・出張買取の情報も】

TOP