【買取サービスVSメルカリ】引越し後&片付け後に利用するならどっち?徹底比較します

買取コラム

引越し後や片付け後の不用品に困った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

不用品を粗大ゴミとして捨てるのもよいですが、まだ使えそうなものなら、もったいないです。買取サービスやメルカリを活用すれば、不用品をお金に変えられるかも。

 

今回は、買取サービスとメルカリのどちらを活用しようか迷っている人に向けて、サービス内容を徹底比較しました。さっそくみていきましょう!

 

買取サービスとは?

買取サービスは、家にある不用品を売ることができるサービスです。買取の方法は、「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3種類があります。

 

洋服や雑貨などの小物類は、店頭買取や宅配買取がメインとなります。大きな家具やたくさんの不用品は、自宅に査定スタッフが来て買取をおこなう出張買取が便利です。

 

また、着物や骨董品などは、経験豊富な専門スタッフがいる買取業者で買取をお願いすると、品物の価値を正しく見極めてくれますよ。

 

買取サービスでは、たくさんの不用品を一度に処分できるため、急いでいる方や手間をかけずに処分したい方におすすめです。

 

メルカリとは?

メルカリは、まだ使えるけれど必要なくなった不用品を販売したり、欲しいものを購入できるサービスです。商品となる不用品の出品方法は、スマホで写真を撮影し、商品説明を登録するだけ。販売金額は自由に決められます。

 

商品が売れたあとは、自分で梱包し、購入者の方に発送します。匿名配送ができるため、個人を特定される心配はありません。

 

メルカリでは、出品や梱包などの手間がかかりますが、買取サービスでは買い取ってもらえない不用品も売ることができます。不用品の処分を急いでいない方や、不用品の数が少ない方におすすめです。

 

買取サービスVSメルカリ「手間がかからないのはどっち?」

買取サービス

買取の申し込みは、WEBや電話で簡単にできます。また、商品説明を考えたり、商品を売るための写真撮影をする必要がなく、手間があまりかかりません。購入希望者と直接やりとりをしないため、トラブルを防ぐこともできます。

メルカリ

メルカリでは、商品を出品するときに、商品説明を考えたり、写真撮影をする必要があります。また、商品が売れるまで、購入希望者からのメッセージに返信したり、商品が痛まないように保管する手間がかかります。

結論

手間がかからないのは「買取サービス」です。ただし、スマホの扱いに慣れている人は、メルカリでもさほど手間を感じないでしょう。

 

買取サービスVSメルカリ「希望の金額で売れるのはどっち?」

買取サービス

買取サービスでは、査定スタッフが不用品の値段を決めます。商品の状態や需要によっては希望の金額を大きく下回る可能性も。納得がいかない場合は、買取業者を変えたり、売らないという選択をするのもよいでしょう。

メルカリ

メルカリでは、販売価格を自由に設定できます。そのため、希望の金額で売ることができるでしょう。ただし、相場とかけ離れた金額の商品は売れにくくなるため、早く売りたい場合は、ある程度価格の調節は必要です。

結論

希望の金額で売れるのは「メルカリ」です。ただし、早く売りたい場合はある程度価格の調整をしましょう。

 

買取サービスVSメルカリ「大きな家具・家電を売るならどっち?」

買取サービス

買取サービスの出張買取を利用すれば、大きな家具を気軽に売れます。梱包資材や配送用のトラックを用意する必要がないため、忙しい方や体力に自信のない方も安心です。また、買取業者によっては、出張費や手数料が無料のところもあります。ただし、出張買取可能なエリアが決まっているので、お住まいのエリアが対象かどうか確認しておきましょう。

メルカリ

メルカリは、通常自分で梱包と発送をします。しかし、大きな家具や家電は、「梱包・発送たのメル便」が活用できます。サイズは、80サイズ(洋服など)〜450サイズ(カウチソファーなど)まで対応可能。商品が売れた後に、メルカリのスタッフが自宅にきて梱包・集荷し、購入者のもとに発送します。サイズによって料金が発生します。

結論

大きな家具を売るなら買取サービス・メルカリどちらも対応可能。ただし、処分を急いでいる人は、買取サービスがおすすめです。

 

買取サービスVSメルカリ「現金化が早いのはどっち?」

買取サービス

買取サービスでは、提示された金額に承諾するとすぐにお金が受け取れます。現金化を急いでいる人におすすめです。

メルカリ

メルカリのアプリ内に蓄積される売上金を現金化したい場合は、「振込申請」をおこないます。振込までの日数は、ゆうちょ銀行は約3〜4日、ゆうちょ銀行意外は翌日〜翌々日です。

結論

現金化が早いのは、買取サービスです。メルカリは、時間に余裕をもって振込申請をしましょう。

 

まとめ

本記事では、買取サービスとメルカリを徹底比較しました。時間に余裕があり少しでも高く売りたい人はメルカリ、手間をかけずにすぐ現金化したい人は買取サービスが合っています。また、売りたい商品によってメルカリと買取サービスを使い分けるのもひとつのアイデアです。あなたにぴったりの不用品処分の方法を選んでくださいね!

関連記事

メルカリで売ってはいけない商品一覧!他サービスとの比較も!

引越しや大掃除時の買取サービス・メルカリの活用方法は?売れる不用品の見分け方もご紹介!

記事作成日:2022年11月7日
記事更新日:2022年11月30日

関連記事

特集記事

ランキング

  1. 1

    ブックオフの買取サービスについてのレビュー情報・お薦めの利用方法などまとめ

  2. 2

    ワンピーストレカ(ONE PIECEカードゲーム)買取のおすすめ3店舗情報と、ワンピーストレカの人気について

  3. 3

    【下取りor買取?】iPhone買取とキャリア下取りを徹底比較!買取サービス5社をご紹介!

  4. 4

    【ぬいぐるみの買取と処分の方法徹底解説】「10万円以上!高く売れる『ぬいぐるみ』」や場所取る「ぬいぐるみ」大掃除に役立つティップスをご紹介

  5. 5

    不用品をお金に変えるアプリ!変わり種「買取アプリ」お勧め5と、自分で不用品をお金にできる定番フリマアプリ4つをご紹介

  6. 6

    【保存版】世の中にある買取サービス一覧表【随時更新】

  7. 7

    セリーヌの人気商品(ラゲージ ナノショッパー)買取価格7社を比較【2022年9月更新】

  8. 8

    古本の買取業者の見つけ方。書籍ジャンルごとに、いい買取業者を選ぶ方法を提案します。

  9. 9

    おもちゃ買取サービス16社をご紹介!【トミカ・ラジコン・フィギュア・プラモデル・ドール etc】

  10. 10

    古本の買取サービスを全国対応通信買取5社&大阪10社を徹底比較!【古書買取・専門書買取・出張買取の情報も】

TOP