【売るなら今!】暖房器具の買取サービスおすすめ5選

買取サービス比較

現在、中古家電の需要が拡大しています。勢いはとどまることを知らず、メディアでも度々取り上げられるほど。中古家電の需要が拡大している理由は主に4つ挙げられます。

中古家電の需要が拡大!暖房器具を「今」売るべき理由

・生活に直結する日用品や食品までにおよぶ物価の高騰
・世界的な情勢の不安による節約志向
・おうち時間の増加
・リサイクル用品のイメージアップ

買取業者によっては、中古家電の品薄状態が続いているところもあります。

また、これからの寒い季節には、中古の暖房器具を買い求める方がどんどん増えていきます。そして、中古の暖房器具を購入したいという需要にともない、買取価格の向上も期待大です。

使わなくなった暖房器具をどうせ売るなら高く売りたいですよね。需要が高まっている今なら、高額での買取を実現させるチャンスですよ!

不要になった暖房器具がある方は、「今」、買取サービスを利用するのがおすすめです。


【2022冬】家電買取事情解説。家電を売るならいつ?それは、いつもと違って今なんです。

暖房器具の買取サービスおすすめ5選

暖房器具の買取サービスを実施しているおすすめの業者を5つピックアップしました。多くの実績を誇る業者や、高額買取に自信がある業者などがあるため、ぜひあなたのライフスタイルや希望にそった業者を選んでくださいね。

トレジャーファクトリー

https://www.treasure-f.com/sell/

全国各地に展開しているとレジャーファクトリーは、年間買取100万件以上の実績を誇る買取業者です。​​東証プライム上場企業が運営しているため、安心感抜群!買取方法は、店頭買取・出張買取・宅配買取・トレファク引越し(引越しと買取が同時にできる)の4種類あります。お住まいのエリアや買取の希望する品物に合わせて選べますよ。

また、見積もりだけでも対応してくれるため、売ろうかどうか迷っている品物があれば、一度問い合わせてみるのがおすすめです。

おいくら

https://oikura.jp/cg_kaden/

おいくらは、複数の買取業者に一括で見積もり依頼ができます。できるだけ手間をかけずに、買取業者を探したい方におすすめです。査定の申し込みは、WEBで品物の購入時期や住んでいるエリア、名前など基本的な情報を入力するだけで簡単にできます。また、査定結果はメールで届くため、お仕事などで電話にでるのが難しい方も安心ですよ。

買取ドットコム

​​https://www.kai-tori.com/archives/kaitori/家電買取/生活小家電買取/暖房器具・冷房器具・エアコン・空調買取

買取ドットコムは、人気のあるメーカー・ブランドで、比較的新しく状態のよい品物の高額買取をおこなっている買取業者です。ノーブランド品や、古い品物の買取は原則扱っていないため注意が必要です。買取方法は、出張買取・宅配買取・持ち込み買取の3種類あります。自宅に買ったばかりで使わなくなった暖房器具がある方におすすめの買取業者です。

家電高く売れるドットコム

https://www.kaden-takakuureru.com

家電高く売れるドットコムは、暖房器具だけでなく、家具や家電など多くの品目の買取をおこなっています。ただし、灯油などを使用する石油ファンヒーターの買取は不可のため、注意しましょう。買取方法は、店頭・宅配・出張の3種類あり、手数料はすべて無料です。東証プライム上場企業が運営しているため、安心感抜群!はじめて買取サービスを利用する方にもおすすめです。

良品買館

https://www.ryouhin-kaikan.com/items/electrification/n3-eseason/

良品買館は、大阪を中心に展開している買取業者です。買取方法は、店頭買取・出張買取・宅配買取の3つ。お住まいのエリアに店舗があるかどうかは、ホームページですぐにチェックできます。また、良品買館では、サイズ・メーカーを問わず買取に対応しています。買取が可能かどうか分からない場合は、まずは問い合わせてみるのがおすすめです。
​​

暖房器具を高く売るためのコツ

暖房器具を高く売るためのコツをご紹介します。少しの工夫で高額買取が実現することもあるので、ぜひ試してみてくださいね!

できるだけきれいな状態にする

自宅に長期間保管していた暖房器具は、ほこりがかぶっていたり、汚れがついていることがあります。そのため、可能な範囲でお掃除をするのがおすすめです。見栄えが良くなることで、買取金額がアップします。

付属品をそろえておく

暖房器具を高く売るには、取り扱い説明書や品質保証書、外箱などの付属品をそろえておきましょう。付属品がないがために、査定額が下がってしまうのは、もったいないですよ。いずれ売ることを考えているなら、付属品は大切に保管しておきましょう。

不要になったらすぐに売る

暖房器具などの家電は、時間が経つにつれて価値が下がってしまいます。また、製造から5年以上経過すると、買取自体が難しくなることも。そのため、不要になった暖房器具は、できるだけ早く売るのがおすすめです。

複数の業者で見積もりをとる

暖房器具を売る前には、複数の業者で見積もりをとりましょう。場合によっては、お得なキャンペーンが使えたりすることも!見積もりは電話やメールでできるので、気軽に問い合わせてみてくださいね。

冬が本格的に始まる前に売る

暖房器具などの季節家電は、必要になる季節が始まる前に売りましょう。買取業者によっては、買取強化キャンペーンなどで買取金額が上乗せされる場合もあります。

買取業者で失敗しないために!選び方

暖房器具を売るときに大切なのが買取業者選びです。「思っていたのと違った」「相場よりかなり安い金額となった」と後悔しないように、選び方のポイントをおさえておきましょう。

暖房器具の買取実績が豊富かどうか

買取業者によっては、暖房器具の買取をおこなっていなかったり、買取実績があまりなかったりします。高額での買取を狙うなら、できるだけ暖房器具の買取実績が豊富な業者を選びましょう。また、メディアでも頻繁に取り上げられるような大手の業者だと、はじめての方でも利用しやすいです。

自宅にある暖房器具の買取に対応しているかどうか

買取業者によっては、ブランドの暖房器具や新品同様の暖房器具のみ対応している場合もあります。また、灯油等を使用する石油ファンヒーターは安全の観点から買取不可の業者も…。対応可能な暖房器具の一覧は、ホームページに記載があったり、電話で教えてくれることがほとんどなので、心配な場合は一度調べるのがおすすめです。

対応エリアかどうか

暖房器具を売るときには、買取業者の対応エリアかどうかを確認しておきましょう。特に、店頭買取や出張買取を検討している場合はなおさらです。合わせて、出張費などの手数料がかかるかどうかも調べておくと安心ですよ。

売れない暖房器具の特徴

不用品の買取をおこなってくれる買取業者ですが、実際には売れない不用品もあります。買取を断られてがっかりしないためにも、事前にチェックしておきましょう。

製造から5年以上経った古いもの

暖房器具などの家電は、製造から5年以内のものが買取対象になる場合がほとんどです。古すぎるものは買い取ってもらえないので注意しましょう。不要になったらすぐに売るのがおすすめですよ。

壊れていて使えないもの

壊れていて使えない品物は、買取が難しくなります。ただし、一部の業者は壊れた暖房器具を無料で引き取ってくれるところもあります。暖房器具を捨てるのにもお金がかかるため、あきらめずに一度問い合わせてみるとよいでしょう。

暖房器具を処分するなら買取サービスを利用しよう!

今回は、暖房器具のおすすめ買取サービスをご紹介しました。暖房器具を高く売るには、できるだけきれいな状態にする、付属品をそろえておくなどが大切です。

また、現在は物価高や節約志向の高まりにより、中古家電に注目が集まっています。お得に売るなら今がおすすめですよ!

暖房器具の見積もりは、電話やWEBで気軽にできます。ぜひ買取サービスを利用してみてくださいね。

関連記事

特集記事

ランキング

  1. 1

    ブックオフの買取サービスについてのレビュー情報・お薦めの利用方法などまとめ

  2. 2

    ワンピーストレカ(ONE PIECEカードゲーム)買取のおすすめ3店舗情報と、ワンピーストレカの人気について

  3. 3

    【下取りor買取?】iPhone買取とキャリア下取りを徹底比較!買取サービス5社をご紹介!

  4. 4

    【ぬいぐるみの買取と処分の方法徹底解説】「10万円以上!高く売れる『ぬいぐるみ』」や場所取る「ぬいぐるみ」大掃除に役立つティップスをご紹介

  5. 5

    不用品をお金に変えるアプリ!変わり種「買取アプリ」お勧め5と、自分で不用品をお金にできる定番フリマアプリ4つをご紹介

  6. 6

    【保存版】世の中にある買取サービス一覧表【随時更新】

  7. 7

    セリーヌの人気商品(ラゲージ ナノショッパー)買取価格7社を比較【2022年9月更新】

  8. 8

    古本の買取業者の見つけ方。書籍ジャンルごとに、いい買取業者を選ぶ方法を提案します。

  9. 9

    おもちゃ買取サービス16社をご紹介!【トミカ・ラジコン・フィギュア・プラモデル・ドール etc】

  10. 10

    古本の買取サービスを全国対応通信買取5社&大阪10社を徹底比較!【古書買取・専門書買取・出張買取の情報も】

TOP